カード停止で新規カードが作れない!?換金は?

どうする?換金目的でクレジットカード停止になったとき
Home » カード停止になったら » カード停止で新規カードが作れない!?換金は?
ribbon

カード停止で新規カードが作れない!?換金は?

クレジットカード停止で、新規カードは今後作れなくなるのでしょうか?
もしそうなってしまうのであれば、現金化サービスも利用できなくなります。
果たしてどうなるのでしょう?

クレジットカードが利用停止になってしまうということは、その人のクレジットヒストリーに傷がついてしまう可能性があることを意味しています。
そのため、今後は最低5年間は新規カードが作れない可能性があります。
そうなるとクレジットカードの現金化は当然できなくなりますので、クレジットカードの利用停止には十分気をつけなければなりません。

特に、支払い遅延をすると、すぐにカードが止まりますので、口座残高に気をつけて支払い分を入金しておくことが肝心です。
いざクレジットカードが使えなくなると、現金化ができないだけではなくオンラインの決済もできなくなるのでかなり不便になります。

ただ、支払いを遅延したからといって、すぐにクレジットカードが解約になるわけではありません。
解約になるのは、音信不通にしていたり2か月が経過してからです。
返済の意思が伝わらなければ、カード会社の判断で解約されてしまいますので、遅延してしまう時には早めにカード会社に連絡を入れておくようにしましょう。
1ヶ月以内であれば、遅れた支払い分を振り込めばクレジットカードは復活します。
復活したら、ショッピング枠が空いてさえいれば現金化を申し込むことができますので、解約にならないよう大事に使う必要があります。

クレジットカードというものには、金利がかかりますので、これくらい返せると思っていたものが意外に負担が大きくなり、返せなくなるのはよくあることです。
ですからクレジットカード現金化を申し込む時には、返済能力が追い付かない金額を申し込むのだけはやめるようにしなければなりません。

カード停止になったら | 04月28日更新