現金化でクレジットカード利用停止!防ぐ方法は?

どうする?換金目的でクレジットカード停止になったとき
Home » カード停止になったら » 現金化でクレジットカード利用停止!防ぐ方法は?
ribbon

現金化でクレジットカード利用停止!防ぐ方法は?

クレジットカードは利用停止になってしまうと、ショッピング枠の現金化はできなくなります。
さらに解約になってしまうと今後5年間はクレジットカードを新たに作ることができなくなるため、利用停止になるようなことは避けなければなりません。
そこで今回は、クレジットカードが利用停止になることを防ぐ方法を紹介したいと思います。

とはいえクレジットカードが利用停止になるというのは、余程のことです。
利用規約に違反していることと、クレジットカード会社にその違反がバレてしまった時に初めてクレジットカードが利用停止になるため、もし本当にクレジットカードが利用停止になってしまった場合、普通の使い方をしていない可能性があります。

例えば、他人にクレジットカードを貸してはいないでしょうか?
もしくは、クレジットカードの暗証番号が盗まれて、勝手に使われてはいないでしょうか?
色々な事態が考えられますが、一番多いのが支払いを滞納をしているケースです。
本来なら利用規約に抵触するのですが、家族でクレジットカードを共有しているような場合では、知らない間に家族の誰かがクレジットカードを使って、名義人が支払いの発生に気がつかずに、滞納になってしまっているケースが考えられます。

1度クレジットカードが止まると、復活するのにどれくらいかかるのか?
もしくは復活できるのかが気になるかと思われます。
基本的には、1度の支払い遅延ぐらいでは、クレジットカードは解約にはならず、支払いが済めば数日で復活します。
あまり繰り返し遅延をしていると、次の契約更新の時に更新してもらえない可能性がありますので気をつけましょう。

クレジットカードがなくなると本当に不便になります。
最近ではオンライン決済が主流になっているものが多く、使えなくなるとプリペイドを用意しなければならなくなります。
特にショッピング枠を現金化しようと考えている人は、クレジットカードを大事に使わなければなりません。
できれば、家族でクレジットカードを共有している人は、その共有をやめておいた方がいいでしょう。

カード停止になったら | 04月28日更新