現金化は要注意!カード会社の停止理由

どうする?換金目的でクレジットカード停止になったとき
Home » カード停止になったら » 現金化は要注意!カード会社の停止理由
ribbon

現金化は要注意!カード会社の停止理由

クレジットカード現金化には欠かせないクレジットカードですが、ルール違反の使い方をすると利用規約に反する行為とみなされ停止させられてしまうことが稀にあります。
一体、どういうことが原因で停止になるのでしょうか?
今回はクレジットカード会社のカード停止理由について、詳しく説明します。

まず一番多い停止理由の一つとして、他人にクレジットカードを貸したり他人からクレジットカードを借りて買い物をする行為を繰り返した場合です。
クレジットカードは、他人にカードを貸す行為を禁止していますので、バレた時にはクレジットカードが止められてしまう可能性があります。

クレジットカード現金化に関係することとしては、転売行為がバレたケースです。
個人の転売行為というものではなく、クレジットカードを使って事業規模で転売行為を行なっているようなケースでは、利用停止の対象になる恐れがあります。
また、クレジットカードのショッピング枠を使って直接現金を購入するような行為は、違法行為に当たりますので、クレジットカード停止の理由になります。

支払遅延を起こした場合は、当然のことながら支払いが再開されるまでクレジットカードは止められてしまいます。
2ヶ月以上滞納した場合は、解約になってしまう可能性が高くなりますので注意しましょう。
一度、返済金の滞納で解約になってしまうと、その情報が信用情報に記録されてしまいますので、次から クレジットカードが作れなくなってしまいます。
信用情報というのは、個人のクレジットヒストリーのことで、金融機関が共通してその記録を閲覧することができます。
ここに遅延事故が記載されるということは、ブラックリストにのるということです。
こうなると、クレジットカードを作ることができなくなるので、現金化を申し込むことが難しくなってきます。

また、所得の状況が変わった場合でも、クレジットカード会社がその事実を知った段階で、カードを止める場合があります。
例えばこれまで収入があった人が、失業をして収入を得られなくなるようなケースでは、クレジットカードのキャッシングおよびショッピングの機能が止められてしまう恐れがあるわけです。

以上が、クレジットカードの停止理由に該当する内容でした。
クレジットカードが使えるかどうかは現金化に深く関わることになりますので、十分に理解した上でクレジットカードを利用するようにしましょう。

カード停止になったら | 04月28日更新